薬 効果

薬の効果を高めるには

薬のフラシーボ効果という言葉を聞いたことがありませんか?

 

偽薬効果とも呼ばれている、フラシーボ効果というのは、薬理作用のない薬を服用することによって痛みがなくなったり、逆に吐き気が出ることがあります。

 

例えば、不眠病患者に、ビタミン剤を「これを服用すると眠れるようになる。」と言って服用してもらい、不眠が解消したり、逆に吐き気などが出てくることです。

 

シアリスの通販
>>シアリスの安全な購入はコチラ<<

 

不眠を訴える患者に対して、睡眠薬を継続して処方することが危険と判断される場合には、ビタミン剤を睡眠薬と偽って処方することも石法によって認められています。

 

これは、患者に安全かつ安息の機会と与える正当な医療行為という訳です。

 

ここでいうフラシーボというのはビタミン剤で、フラシーボ効果にあたるのが、治療効果、吐き気は副作用になります。

 

フラシーボ効果というのは、暗示効果や条件付け、自然治癒力などが考えられています。

 

このフラシーボ効果は、健康な人にも影響が出ることがあります。

 

健康な人にフラシーボ(薬理作用のない薬)を投与したところ、約15%の人に肝機能以上が出たと言います。

 

また、フラシーボを鎮痛薬として、患者に投与すると、約30%の患者に鎮痛効果が認められたという報告もあります。

 

特に、痛みというのは、心理的な影響を受けやすく、不安や孤独により増幅される可能性があるため、服用する側が、これで良くなるという安心感を持つことにより、痛みが緩和されると考えられています。

 

新薬の承認前に行う治験でも、このフラシーボによる治験が行われる場合があります。

 

薬を飲んで治療効果があったとしても、それがフラシーボ効果によるものなのか、本当の薬理作用によるものなのかを区別する必要があるためで、この日核実験を行う事が、信頼性を得るためには必要とされています。

 

人の身体は脳の役割が多く、痛みに関しても脳が指令を出しているので、思い込むことや安心感によってその痛みなどが改善されることがあります。

 

>>シアリスの正規品はこちらを確認<<