薬 成分

薬の成分を把握しよう

薬の成分というのは、その薬の効能によって様々です。

 

特に使用することが多いと思われる頭痛薬や解熱鎮痛剤も一見同じに見えますが、さまざまな成分が入っています。

 

CMでもおなじみの「ロキソニン」は医療用医薬品から一般用医薬品にスイッチされたロキソプロフェンナトリウムという成分が入っているスイッチOTC医薬品です。

 

シアリスの通販
>>シアリスの安全な購入はコチラ<<

 

偏頭痛や生理痛、歯痛など幅広い痛みに対応する分、比較的効き目が強い成分です。

 

これは、薬剤師に相談の上購入できる第一類医薬品です。

 

次に、「バファリン」と「ケロリン」ですが、これにはアスピリンと呼ばれるアセチルサリチル酸という成分が入っています。

 

頭痛や歯痛に良く効く成分ですが、若干強めの成分なので、胃への負担があり、食後の服用が望ましいです。

 

また、次に、「ノーシン」「タイレノール」ですが、アセトアミノフェンという成分が入っています。

 

この成分は胃腸への負担が少なく、比較的副作用が少ない、穏やかな成分です。

 

小児から大人まで服用できる成分です。次に「イブ」「ノーシンピュア」ですが、イブプロフェンという成分が入っています。

 

胃への負担が少なく、消炎鎮痛効果に優れています。

 

この消炎鎮痛効果というのは、炎症を鎮めてくれる成分なので、炎症して痛みを伴っている場合に効果的な成分と言えます。

 

次に、「セデスハイ」には、イソプロピルアンチピリンという成分が入っています。

 

歯痛や抜歯後などの強い痛みにも良く効く鎮痛成分です。

 

副作用として発疹ができることがあるので、アレルギー体質の人には注意が必要です。

 

そして最後に、「ナロンエース」「ノーシン」「セデス」に入っているのはエテンザミドという成分です。

 

アスピリンと同じサリチル酸系の鎮痛成分です。

 

アセトアミノフェンとカフェインとともにACE処方として用いられることが多いです。

 

一言で鎮痛剤と言っても、これだけの成分があるので、自分に合う成分や、痛みの箇所によって使い分けると良いでしょう。

 

>>シアリスの正規品はこちらを確認<<